病院の健診の代行を1から紹介します

健康診断の代行とは、会社に代わって従業員の定期健康診断のための全ての業務を代行することです。毎年の定期健診業務で人事労務が時間を取られてしまっていたり、健診結果を保管しているだけで社員の健康増進に活用できていなかったりする企業の為に、一括代行するシステムです。健康診断センターと従業員双方のスケジュール調整から受診状況の確認や勧奨など健康診断の一連業務を代行してくれるので、多くの時間と手間を省くことができます。全国の医療機関との調整や契約などが煩わしく時間を取られる業務も、それまでは社員ひとりひとりとの健康診断の予約調整を行っていたり、予約調整や予約キャンセルなどで業務が繁忙となり本来の人事業務ができなくなりつつあったなんて話も良く聞く話ですが、全て代行してくれる業務なのです。

大幅に削減できる検診に関わる業務と時間

複数ある全国の医療機関との契約や調整、医療機関からの請求書確認、社員の健康診断の予約状況、受信状況を把握し、手配するのは大変な時間と労力を費やす仕事です。これらの業務をすべて委託・代行にすることで新たに使える時間と人材を企業の業績アップへつなげることができるのです。もちろん社員の年齢条件に合わせて、検診コースオプションなどの設定も可能で様々な企業の要望に対応して代行してくれるので、社員の健康管理は万全になると言えるでしょう。定期健康診断は労働安全衛生法で実施が義務付けられていますが、義務だからと最低限の検診を受けさせて受信結果は義務的に保管するのみでは、健診で従業員の健康管理への義務を果たしているだけで、活用するまでには至っていません。義務とはいえ、受信結果をただ保管しているだけではするだけでは大変もったいないのです。

社員の健康増進に活用できる健診結果

職場全体で見ても、健康管理をきちんと行うことは業務効率の向上に直結します。従業員が健康であればモチベーションがあがり、職場が活性化し業績も向上の一途をたどるはずです。従業員は「自分で健診をポジティブに活用すること」、経営者には「健康診断を会社としての活性化につなげること」、この2つこそが「健康経営」という視点です。個人も会社も健康に投資すれば必ず見返りがあるという事です。ただ、従業員の健康を支えるために生じる会社の業務は膨大です。その中でも従業員の健診に関わる全ての業務を代行として委託することは、経営者、従業員ともに日常の業務を行うことを円滑にし、企業の業績へつながる手段として、最適なシステムだと言えます。健診で得た結果を写真の健康増進に活躍できそうです。