健診代行の結果はデータ化してWEB管理

近年インターネットが普及したことにより、ここ数年の間でたくさんの代行業者が増えました。こんなものまであったのだと驚かれる方が多くいる中で、とても有効に活用して日々の暮らしの際の困ったことを解消できるようになりました。その中で健診代行サービスをピックアップして書いていきます。まず初めに多くの方が初めて聞く健康診断代行について説明します。健康診断代行サービスとは、健保組合等に健康診断の結果や予約、精算等の細かな手間がかかる作業を、代行会社さんにお願いすることで業務の手間を減らすことです。さらに、健康診断の結果をデータ化してWEB上で管理できるようにしてもらえる所までお願いできるという画期的な代行サービスです。また集約や分析までもやってもらえるため負担の減少以外にも生活疾患などの病気予防に役立てます。

健康代行についてさらに詳しく紹介します

大まかに健診断代行サービスについて説明しましたが、ここからはさらに詳しく業務の流れについて書いていきます。まず代行会社は健康診断の機関へ契約を行います。次に実際にスケジュール調整が大変な受診希望者の方の予約を取ります。次に予約希望日を検診機関へ予約してもらい、受信者の方へ連絡をして健康診断を受けてもらいます。受診完了後は請求書受領後に依頼した機関や団体さんのほうへ請求がいきます。請求後、各健康診断の機関へは代行会社が支払いします。受け取った結果はデータを取ってまとめを行い、データ化や集計などの作成を行います。その結果を生かして生活習慣病等の予防についての対策も詳しくできるようになりました。つまり今まで実際に行ってきた作業に加えそれ以上のクオリティが実現するということです。

健康代行サービスを導入後の変化について

では健診断代行サービスについて詳しく書いたところたくさんのメリットがありました。更に導入後の変化も紹介していきます。まずは未受診者が減少し、受診率の向上があげられました。次はたくさんあった事務作業がなくなったことにより本来の業務を行えるようになりました。その結果、残業や人員不足の補充が解消され費用軽減につながることに成功しました。また事業主だけでなく受診した保険者にとっても手間の軽減によってコスト削減ができるという変化が多数出ました。今まで紙面で配布されていたものがデータとして管理できることで紙の削減もなくなり、さらに今後の健康のための予防もできるようになったので健康維持の向上も期待されます。今まで健康経営への指示への対策に悩まれていた企業の方もこれで解決につながります。以上が健康代行サービスについての説明です。